「守護神」「守護天使」という定義は人それぞれ違います

今日は少し細かいお話になります。

「守護神」「守護天使」

という定義なのですが

実は

全員が同じ意味で言っているのではなくて

人によって定義が異なります。

数学の方程式のように誰にとっても同じ定義ではないんですね。

それ以外の用語も

スピリチュアル系の分野の用語は

誰にとっても同じ定義とは限らないので

「だいたいこんな感じ」

と、おおまかに捉えたほうが無難な場合があります。

お互いの定義が違うことによって

混乱してしまう方もいらっしゃるようですね。

「守護神」「守護天使」

という定義が人それぞれ違うので

小さいころから大人になってもずっと守ってくれる存在のことを

「守護神」「守護天使」

と仰る人もいますし

時々入れ替わって守護をしてくださる存在のことを指して

仰る方もいます。

「すごい神様や天使様がが来てくださった、

私にこのようなすごい方が来てくださって良いのでしょうか?」

と、びっくりしてしまう方がいらっしゃるのですが、

来てくださった方が

「守護神」「守護天使」

という定義に含まれるかどうか自体が

人によりますから、

「少なくとも今はサポートしてくれているんだな」

と、考えていただいても宜しいかと思います。

聞くところによると

ローナ・バーンさんという方がおっしゃるには

「生まれてからずっと変わらず守ってくれる天使=守護天使」

と仰っているそうです。

奇跡のエンジェルコンタクト2,750円Amazon

宇宙にお任せフルオーダーブレスレットでは

基本的には

「守護神」「守護天使」

のパワーをお乗せするという目的ではなく

お客様からお願い事を伺ったうえで

高次元の存在の皆様が話し合ってくださいまして

その結果「この方が今回はサポートしてくださる」

ということが決まれば

ブレスレットをお作りできることになります。

時間が経つと

別の高次元の存在様のブレスレットになるケースは

よくあります。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.