法輪のブレスレットとヤタノカガミ

以前もお話ししたテーマでもあるのですが

宇宙時お任せフルオーダーブレスレット

ご注文のお客様の中で

法輪のブレスレットになるケースが過去にたびたびありました。

法輪のように

縦横斜めと8分割されたようなデザインの場合もありますし

多少違う場合もあります。

画像はウィキペディアよりお借りしました

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E8%BC%AA

法輪のブレスレットになったお客様の場合は

お願い事を叶える方法を自分自身で気づくというよりは

信頼できるお師匠さんのような方に教わるほうが

意識の進歩が早い可能性が高いのでお勧めです

というお話をしたと思います。

また

ヤタノカガミ(ヤタノカカミ)をあらわすカタカムナ文字

ブログでご紹介しましたが

法輪と共通する記号でした。

つまり

宗教は超えてしまいますが

本来は

ヤタノカガミ=法輪

であると思われます。

そして今日たまたま見かけた動画で

いときょうさんという方が

ホツマツタエで言われるヤタノカガミについて

お話しされていました。

いときょうさん曰く

ヤタノカガミは瀬織津姫のご提案で作られた

そうです。

そして

「ヤタノカガミをみて我をとると

カミになる」

と、ホツマツタエに書いてあるそうです。

これはよく聞きますが

ヤタノカガミが最初だったようです。

これは

法輪で言うと

自分自身が

「法」の中で

何を理解して実践できているのか

何を理解できておらず実践できていないのか

ということを見つけましょう

という意味になります。

これは

「我をとり、素直になって自分を見つめなおしましょう」

という意味でもあります。

更に

いときょうさん曰く

「鏡に神を招いて

鏡のカは光、

鏡のガは闇

ミはそれを見る」

「カミというのは指導者、リーダーという意味」

だそうです。

仏教でも

「無明」という言葉がありますが

「ガ」と同じでしょうね。

そして

いときょうさん曰く

「ヤタノカガミは

国民の平均身長(ナレタケ)を測って

お日様・月の要素を加えて

これに宇宙の5元素のうちの4つの部分の1つ

ウツホとして横に曲げた、

これがカネジャク

カネジャクをもとにしてヤタノカガミができた」

そうです。

(動画を聴き取って書いていますので間違っていたらごめんなさい)

この

「ウツホは天に関係するのではないか?」

という気がしたので

調べた結果

一説によると

ウツホは天に向かう気のことなのだそうです。

これは

「祈祷」

にも通ずる効果があると思われます。

(当店の宇宙にお任せフルオーダーブレスレットでも

ご祈祷を行う場合がございます)

やはり

ご自身の「我」が

不運とか、願いがかなわない原因になっている方は

オーラにも表れると思います。

ですので

身体位の大きさの鏡で

「我が不運や、願いがかなわない原因になっていないか?」

確認をすることで

より、問題の発見がしやすいのでは

私も思っていました。

目に見えないので

見えない人もいますが

ある程度のスピリチュアルな感性のある人であれば

きっとできるでしょう。

昔の人の中には

それができた人も一定数いたのではないかと思われます。

また、

いときょうさんのお話では

三種の神器が生まれたのは

もともとはトの教えの象徴として勾玉だったが

勾玉では収まらないようなことが出てきて

やむを得ず剣が必要になり生まれ、

イザナギ・イザナミの時代まで代々受け継がれた。

ところが

アマテラスの時代に

ハタベの乱が起きて

剣で人をきってもとても収まらないので

瀬織津姫のご提案で

ヤタノカガミが作られた。

という流れだそうです。

「トの教え」を調べたところ

「クニトコタチさま以来の建国の理念」

だそうです。

「トの教え」の段階で

問題が起こらなければ

それだけで十分だったのでしょうけれども

次々と新しい神器が必要になったのですね。

最後に作られた

ヤタノカガミ=法輪

を使って

自分の「我」を取り除き

「カミ」の方向へ進んでいけたらよいのでしょうけれども

そのためには一人一人の「気づき」が必要でしょう。

自分ひとりで気づくというのは

できる人・できない人がいると思います。

そのあたりは「我」を外して見つめるということが大切なのでしょう。

そして

「自分ひとりでは難しい」

ということであれば

信頼できる方に教えを請うのもよい方法かもしれません。

この地球が少しでも早く

覚醒の星・愛の星になりますよう

いつも願っております。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.